カローラ、初代、ke10、ke11、ホイールキャップ、センターキャップ、当時物 クラッチ、ミッション、駆動系 【日本限定モデル】

ロアアーム加工品
アテンザ GH系 車高調 Largus ラルグス,

ススギスポーツ 車高調

カローラ、初代、ke10、ke11、ホイールキャップ、センターキャップ、当時物 クラッチ、ミッション、駆動系 【日本限定モデル】

道路

安全・安心で快適な道路空間の提供を支援しています

スカイライン GT-R BNR32 BILSTEIN Cリング式車高調,
道路
ショックアブソーバー,
Nシリーズ ピロアッパー NBOX,

道路分野では、道路整備に関する調査・企画、計画、設計、維持管理における最適なソリューションを提供するコンサルタント業務を実施しています。
また、ユニバーサルデザイン、歩道空間及び自転車走行空間整備、無電柱化、交通渋滞対策、交通事故対策、案内標識整備など、国民の安全・安心の確保や道路ストックの有効活用に向けた提案に取り組んでいます。

ランドクルーザー80 ハイキャスブラケット リフトアップ,

業務分野

道路設計

現況道路や交差点の拡幅・改良や都市計画道路の整備など、道路利用者の安全・安心の確保や利便性の向上のために行われる道路整備事業において必要となる各種の調査・計画・設計・維持管理に関する最適なソリューションを提供しています。また、ワークショップ運営による地域のみなさまとの合意形成の支援も行っています。

電線共同溝設計

道路設計

防災性の向上・安全安心な歩道空間の確保・良好な景観の確保などの観点から、全国で無電柱化が推進されています。当社では、ソフト地中化方式を含む電線共同溝の設計や無電柱化推進計画の策定などの豊富な業務実績を活用し、低コスト化等を目的とした最新の技術的知見に基づく最適なソリューションを提供しています。
国交省HP:30プリウス 車高調

カローラ、初代、ke10、ke11、ホイールキャップ、センターキャップ、当時物 【日本限定モデル】

カローラ、初代、ke10、ke11、ホイールキャップ、センターキャップ、当時物
コレクション整理の為、出品します。写真見てご判断ください。古い物の為、汚れ、小キズ、多少の凹みなど、あります。
今年8月末にオープンした松屋銀座の「ギンザフローズングルメ」。「銀ぶらグルメ」など名店の冷凍食品が人気だ=東京都中央区銀座で2022年10月13日午後、赤間清広撮影
今年8月末にオープンした松屋銀座の「ギンザフローズングルメ」。「銀ぶらグルメ」など名店の冷凍食品が人気だ=東京都中央区銀座で2022年10月13日午後、赤間清広撮影

 先日、久しぶりに昼の銀座を歩きました。多くの人が行き交い、街は活気を取り戻したようにも見えますが、新型コロナウイルス禍前の水準にはまだまだ遠いようです。完全復活に向けて、銀座を代表する名店の店主たちが懸けたのは、1世紀以上の歴史を持つある技術でした。【経済部・赤間清広】

 「日東コーナー1948」は銀座に店を構えて70年を超える洋食の名店だ。多くの財界人や歌舞伎関係者に愛されてきた。天井高4メートルという開放感あふれる店内は連日、大勢の客でにぎわっていたが、コロナ禍で状況が一変した。

 客足は一気に遠のき、売り上げは以前の1割にまで落ち込んだ。「このままでは、店が潰れてしまう」。5代目店主の竹田大作さん(44)が思いついたのが、こだわりのメニューの冷凍食品化だった。

 厨房(ちゅうぼう)の一角に冷凍ルームを設置し、試行錯誤が始まった。さまざまな食材、料理を冷凍しては、実際に店で食べた時の「再現性」を模索し続けた。

 コロナ禍の中でもがき続ける苦しい日々。一方で、仲間も徐々に増えていった。同じくコロナ禍に苦しんでいた銀座を代表する店もメニューの冷凍食品化に参加するようになった。

 1887(明治20)年創業の老舗レストラン「みかわや」、1924(大正13)年に精肉店として営業を始めた割烹(かっぽう)「吉澤」、そして並木通りに店を構える洋菓子店「ピエスモンテ」――。

 日東コーナーを含めた4店で今年、新たな冷凍食品ブランド「銀ぶらグルメ」を立ち上げた。ちょうど同じ時期、銀座の百貨店「松屋銀座」も地下2階の生鮮食品フロアの一角に冷凍食品売り場「ギンザフローズングルメ」の開設準備を進めていた。

 ギンザフローズングルメがオープンし、「銀ぶらグルメ」など国内の名店の冷凍食品の販売が始まったのは今年8月末。…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
  1. ホーム
  2. クラッチ、ミッション、駆動系
  3. カローラ、初代、ke10、ke11、ホイールキャップ、センターキャップ、当時物

自転車道設計

自転車道設計

健康増進や環境保全への意識の高まりや大規模自然災害の被災経験から、近年では身近な交通手段としての自転車利用のニーズや重要性が高まっています。当社では、調査・計画・設計など、交通状況や沿道状況などをふまえた安全で快適な自転車利用環境の創出に向けた最適なソリューションを提供しています。
国交省HP「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」:ハイエースワゴン5型4WD用リーフスプリング+トーションバー+ダウンブロック

標識設計

標識設計

標識は、車両や人を目的地まで安全で円滑に誘導するために重要な施設です。当社では、高速道路や一般道路における道路案内標識や、高齢者・障がい者・外国人を含む多くの人々にとってわかりやすい観光案内標識など、豊富で多様な計画・設計の実績を活用した最適なソリューションを提供しています。
東京都HP「東京みちしるべ2020」:ホンダ RB オデッセイ 車高調

維持管理

道路施設を安全で快適に使用し続けるためには、維持管理を適切に実践することが必要です。当社では、道路施設の補修設計だけでなく、効率的な維持管理を実現する長寿命化修繕計画の策定支援を行っています。また、ICT技術を活用したストックマネジメントシステムの導入支援などの様々なソリューションを提供しています。