SJ30 トランスファー 後期 クラッチ、ミッション、駆動系 超ポイントアップ祭

レガシィB4 BM5用 イデアル車高調
最終値下げ!! ワンオフ 当時物 高級 326POWERチャラバネ付き車高調,

クスコ ストリートZEROa bp5用

SJ30 トランスファー 後期 クラッチ、ミッション、駆動系 超ポイントアップ祭

道路

安全・安心で快適な道路空間の提供を支援しています

MH21S ワゴンR テイン 車高調,
道路
レガシィ BP5 BPE BP9 BL5 BLITZ(ブリッツ) 車高調,
ワゴンR MH21s 可変アクスル,

道路分野では、道路整備に関する調査・企画、計画、設計、維持管理における最適なソリューションを提供するコンサルタント業務を実施しています。
また、ユニバーサルデザイン、歩道空間及び自転車走行空間整備、無電柱化、交通渋滞対策、交通事故対策、案内標識整備など、国民の安全・安心の確保や道路ストックの有効活用に向けた提案に取り組んでいます。

使用少 20 アルファード ヴェルファイア 車高調 フロントのみ,

業務分野

道路設計

現況道路や交差点の拡幅・改良や都市計画道路の整備など、道路利用者の安全・安心の確保や利便性の向上のために行われる道路整備事業において必要となる各種の調査・計画・設計・維持管理に関する最適なソリューションを提供しています。また、ワークショップ運営による地域のみなさまとの合意形成の支援も行っています。

電線共同溝設計

道路設計

防災性の向上・安全安心な歩道空間の確保・良好な景観の確保などの観点から、全国で無電柱化が推進されています。当社では、ソフト地中化方式を含む電線共同溝の設計や無電柱化推進計画の策定などの豊富な業務実績を活用し、低コスト化等を目的とした最新の技術的知見に基づく最適なソリューションを提供しています。
国交省HP:ゴルフ7ハイライン用TEINアドバンスZ

SJ30 トランスファー 後期 超ポイントアップ祭

SJ30  トランスファー 後期
SJ30 から取り外しましたトランスファーになります。 後期型になります。 取り外すまでは問題なく使用しておりました。 JA11トランスファーに変えたためセンターブレーキはついてません。 用品の種類···その他 対応車種メーカー···スズキ
38年ぶりに三重県伊勢市に里帰りするボンネットバス=日本バス文化保存振興委員会提供 拡大
38年ぶりに三重県伊勢市に里帰りするボンネットバス=日本バス文化保存振興委員会提供

 運転席前にフロント部分がせり出した昭和レトロな外観で、全国のバスマニアに根強い人気のある「ボンネットバス」が38年ぶりに三重県伊勢市に里帰りする。29日に伊勢市二見町でお披露目するほか、11月12、13の両日に乗車希望者を乗せて市内を無料で走行する。【尾崎稔裕】

 里帰りするのは、1966年に三重交通伊勢営業所に新車で配置された、総排気量6370㏄のいすゞ製ボンネットバス「BXD30」。伊勢、桑名、熊野市内で路線バスとして利用され、再び伊勢市内に戻った後、84年から松阪市内で観光バスとして使用された。

 バスは乗車定員47人で、長さ8メートル29センチ▽幅2メートル44センチ▽高さ2メートル95センチ▽車両総重量8195キロ。主に路線バスとして活躍し、全走行距離は5月現在で57万2200キロ。地球を14周以上も走った計算だ。

 92年に廃車手続きが行われ、2003年に売却された。外観が昭和の面影を残すことから、昭和40年代の炭鉱町を舞台にしてヒットした映画「フラガール」(李相日監督)の冒頭シーンにも登場している。

 現在は古いバスのファンでつくる特定非営利活動法人「日本バス文化保存振興委員会(NPOバス保存会)」が、事務局を置く茨城県つくば市で文化財的な資産として管理する。今回の里帰りは伊勢市がNPOの協力を得て実現する。

 バスは29日、伊勢市内の公共交通のあり方を話し合う「伊勢地域公共交通会議」に合わせて、会場の賓日(ひんじつ)館の臨時展示場で展示される。当日は車両を管理するNPOバス保存会スタッフから説明も受けられる。

 乗車体験は、11月12、13の両日、Aコース(JR伊勢市駅前~イオン伊勢店~イオンタウン伊勢ララパーク)とBコース(イオン伊勢店~イオンタウン伊勢ララパーク~近鉄宇治山田駅~JR伊勢市駅)を走る。乗車には整理券が必要。詳しくは同市ホームページで「懐かしのボンネットバス」と入力するか、同市交通政策課(0596・21・5593)へ。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
  1. ホーム
  2. クラッチ、ミッション、駆動系
  3. SJ30 トランスファー 後期

自転車道設計

自転車道設計

健康増進や環境保全への意識の高まりや大規模自然災害の被災経験から、近年では身近な交通手段としての自転車利用のニーズや重要性が高まっています。当社では、調査・計画・設計など、交通状況や沿道状況などをふまえた安全で快適な自転車利用環境の創出に向けた最適なソリューションを提供しています。
国交省HP「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」:ランクル80 コイルスペーサー ソーサ リフトアップ

標識設計

標識設計

標識は、車両や人を目的地まで安全で円滑に誘導するために重要な施設です。当社では、高速道路や一般道路における道路案内標識や、高齢者・障がい者・外国人を含む多くの人々にとってわかりやすい観光案内標識など、豊富で多様な計画・設計の実績を活用した最適なソリューションを提供しています。
東京都HP「東京みちしるべ2020」:GDA GDB インプレッサ アプライド A B C D 型 HKS 車高調

維持管理

道路施設を安全で快適に使用し続けるためには、維持管理を適切に実践することが必要です。当社では、道路施設の補修設計だけでなく、効率的な維持管理を実現する長寿命化修繕計画の策定支援を行っています。また、ICT技術を活用したストックマネジメントシステムの導入支援などの様々なソリューションを提供しています。